ダメな大人のブログ

あ?だれがダメな大人じゃこら。あ?

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

XLink Kai を導入してみよう Vol.5 遊び方

「各種初期設定」が完了している前提での基本手順となります。

1. アダプタを挿したままPCを起動する。
2. Windowsが立ち上がったら、ユーティリティをクライアントモードにする。
3. PSPのワイヤレスLANのスイッチを有効にし、オンライン集会所に入る。(電波を飛ばした状態にする。)
4. オンライン集会所入室を確認後、ユーティリティの更新ボタンをクリックする。
5. ネットワーク名「PSP_AULJM0506...」をダブルクリックして接続する。
6. ユーティリティを閉じ、タスクトレイに格納する。(終了ではないので注意。)
7. XLinkを起動してログインする。
8. PSPアリーナ→モンスターハンターポータブルアリーナに入る。(このときアリーナ内のメンバーがオンライン集会所に居れば名前が表示されます。)
9. オンライン集会所から出て待機する。

一度この状態にしておけば、オンライン集会所を出入りしても正常に接続出来ると思います。
あとは思う存分ゲームを楽しんでください('∀`)b

だそうです。
参考サイト
XLink Kai: Evolution VII for PSP
スポンサーサイト

 

XLink Kai を導入してみよう Vol.4 トラブルシューティング

1・すでに存在している無線LANアダプタの所為で、GW-US54GXSが認識されない。

僕もこの現象には悩まされました。

解決方法:
[スタート]→[接続]→[すべての接続の表示]
すると、[ローカルエリア接続]というアイコンが有ります。
その後、[ローカルエリア接続]→[プロパティ]→[全般タブ]を順に選択していくと[Qosパケットスケジューラ]というものがあるかと思います。

それをアンインストールします。

すると、現在PCに登録されているPCのネットワーク接続が全て表示されます。
現在有効になっているであろう、ネットワーク接続を無効にします。 

mukou.jpg


で、ドライバとして設定したGW-US54GXSのネットワーク接続を有効にします。
yuukou.jpg


これでOKです。

 

XLink Kai を導入してみよう Vol.3 参考サイト

ここまでの作業を行うまでに色んなサイトを参考させていただきました。

特に
MHP2用設定

ここは素晴らしい出来です。
コチラでも理解した時点で書き勧めますが、取り急ぎこのサイトを参考にされると良いです。

 

XLink Kai を導入してみよう Vol.2 XLinkの設定

まず、何はなくともXLink Kaiが無いとお話にならないのでここから解説します。

1・IDとパスワードの設定。
Xlink公式サイトに移動して、まず初めに自分が使用するIDとパスワードを登録します。

SIGNUP.jpg


画像、黒枠の個所をクリックし、登録画面に進んでください。

input.jpg


登録画面に表記されている言語は英語です。
解りづらい場合には、黒枠の個所にある日本国旗マークをクリックしてください。
怪しいですが、どうにか読める日本語になります。
次は登録する項目について

・XTag (ユーザー名):
これは、XLinkにサインアップする際に利用するIDです。
他で利用されているものは使用できないのでオリジナリティ豊かでかつ自分が覚えられるIDを登録してください。

・パスワード:
これもなるべく簡単な'0000'ではなく自分が覚えられる範囲で入力してください。

・パスワードの確認
上記パスワードと同じ値を設定してください。

・Eメールアドレス:
ID登録後、登録内容がメールにて送られてきます。
携帯メールで登録できるかどうかはわかりません。
僕の場合ですが、アドレスを登録したからスパムが増えたという思い出ではありません。すでにスパムだらけでしたので…。
嫌な方はそれなりのEメールアドレスを用意しましょう。

・位置:
どうも国のようです。自国を正直にw

・年齢:
詐称してもいいですが、正直にw

・アップロードの帯域幅(キロビット/秒):
光の場合には、一番大きな値を。ADSLでも1Mの場合には1024を。それ以外はそれなりに。

後は、適当に入力してください。

最後に[Submit]ボタンを押してください。
登録後、しばらくすると、support@teamxlink.co.ukからメールがきます。
このメールは大事なので保管をきっちりしてください。

ソフトのインストール

download.jpg


黒枠の部分をクリックします。

するとこういう画面になります。

select.jpg


ダウンロードリストボックスが出ているのでインストールしようとしているOSを選択してください。
選択したら[DownLoad]ボタンをクリックします。

するとダウンロードが開始されます。
(*ダウンロードについては、英語のほうが良いようです。)

さて、インストールです。
基本的に何もしなくて良いです。
インストール先を変更するぐらいですかね。

インストール画面

Install1.jpg


さぁ、インストールは完了しました!
次は、Xlink Kaiの設定です!

[スタート]ボタン→[プログラム]→[X Link Kai Evolution VII]→[Start Kai Config]

この手順で選択すると次のような画面が出てきます。

config.jpg


設定値について解説します。
黒枠
・KaiPort
・KaiDeep
これについては、[30000]と設定してください。

赤枠
これは、後で設定します。

青枠
・Default XTag
・Dedault Password
・Auto Login
先ほど登録したXTag、パスワードを入力します。
XLink Kaiを起動したときに自動的にログインしたくない場合には、何も設定しなくて良いです。面倒な人用ですね。

緑枠
・Accept UI Connections From
これは、[Any IP Address]を設定します。

これでX Link Kaiが起動する前の状態になりました。

参考にしたサイト
ココ

 

XLink Kai を導入してみよう Vol.1 用意するもの

それでは、用意するものです。

・インターネットに接続してあるパソコン。
ノートでもデスクトップでも、WindowsでもMacでもLinaxでも構いません。
残念ながら、僕の家には、Windowsしかありませんので、Windowsで解説します。
・GW-US54GXS
他のメーカーからも、同じメーカーからも同様な商品が出ていますが、この品番のモノが現在もっとも推奨されています。
近くのお店で売っていない場合には、通販がよろしいかと思います。
相場は、2500円?3000円ぐらい。
僕は、3000円でゲットしました。

次にソフトです。
X Link kai Evolution VII
こちらから

準備はコレでOKです。

間違えました…。これはスターウォーズでした…。
コチラ

 

XLink Kai を導入してみよう Vol.0 概念

昨日、何気にPCショップに行ったらこんなのが売ってました。

GW-US54GXS

これは何をするものかと言いますと…。
簡単に言えば、家にあるパソコンが、無線LANアクセスポイントになっちゃうアダプターです。
もっと簡単に言えば

MHP2ndのダウンロードクエストを落とせなかった人もネット環境に接続しているパソコンさえあれば、ダウンロードできちゃうっていう代物です。



しかし、僕の家にはすでに無線LANアクセスポイントが存在しているために、普通ならまったく使わないモノなんです。

が、昨日見た瞬間、即お買い上げしました。
なぜか…。

タイトルにも書いてあるXLink Kaiを利用出来るからです。
まず、Xlink Kaiって何ぞや?

PSPには無線LANでの通信対戦ができるように送受信回路(?)がついています。
が、残念ながらインターネット対戦をサポートしたゲームが現在1種類(*1)しかなく、MHP2などの他のゲームソフトでは顔を見合わせながらの極めて近距離での通信対戦しか出来ません。これをアボドック対戦といいます。
そこで、トンネリングソフトウェア(*2)を用いてアボドック対戦を擬似的にPCなどのネット端末間で出来るようにしたソフト、XLink Kaiです。



(*1):2007年3月現在、メタルギアソリッドポータブルのみ対応。
(*2):トンネリング・ソフトウェア

ここまでを端的に言えば…。
「XLink Kaiと無線LANアダプタさえつければ世界中の人とMHP2ndが楽しめる。」

凄い便利じゃん!って思われるかと思いますが、それを達成させるまでの道のりは極めて険しいです。
すべての作業に自己責任という言葉がついて回ります。
何事にも興味を持つのは良い事ですが、リスクが高いって事も合わせてお知らせいたします。

それでもやるんや!って方は、下記サイトを参考にしてください。
まずは一読をお願いします。
Xlinkの使い方。

 

工程3:研磨

さてさて、1週間ほどルアー作りについてのエントリーが無かったわけですが…。

遊んでいたわけではありません。
遊んでいたのです。

すいません…。

作業場所が倉庫なので外が寒いと作業が出来なくなるわけです。
言い訳って言われればそれまでですが…。

前回、旋盤で作業をしたルアーに角を追加するために今回は旋盤作業です。
が、正角形にしるしを付けるのを怠ったために、またしても悪い癖であるフリーハンドの登場です。

1個目…。
だんだんやせていきます。削りすぎです。

2個目…。
これまただんだんやせていきます。削りすぎです。

3個目…。
ルアーの形に形成していないただの丸棒を削ります。
…だんだん解ってきました…。

完成品はこんな感じです。

070312_2058~0001.jpg


ルアー1個作るのにどれだけ時間をかけてるねん!
って突っ込みが入りそうですが、ルアー作りは手間と暇をかけるものです。

この日から、ドブ漬け作業を行いました。
現在一回目。
前後ともです。

この寒さですと1日一回ぐらいが良い感じでしょうか。
塗装工程には最速でもあと10日はかかると思います…。

今回わかった事。
?:角度さえ気をつければ丸棒でペンシルからなにから作成できる。
?:力は要らん。
?:ベルトサンダー最高。

さて次はいつの投稿になるか解りませんが、じょじょに形に仕上げていきますよ…。
他にも塗装を待っているルアーがありますから…。



ブログランキングに参加してます。
よろしければクリックお願いします!

c_02.gif

 

脱線…モンスターハンターポータブル2nd 2回目

結構、検索されてこられる方がいらっしゃるようです。
面白いですからねw
そこで今回もつりネタ枯渇のため、ちょっと書いてみます。

現在、村☆4をクシャ以外すべて終わらせてティガ緊急が出たところです。

問題は僕の腕ではティガが倒せない事。
僕はハンマー一択で押し進めているので、ここで武器を替えるのはちょっと信念に反します。
こだわりを捨てるのであれば、高台ガンナーでしょうけど…。
せめて村クエぐらいはハンマーで突き進もうかなぁと思っています。

さて、昨日のヘタレな戦い方を可能な限り説明します…。
こんなブログ見たくないですね。ハイ。

武器


武器:クックピック
防具:フルザザミ(Lv6)まで強化(防御+20 , 投擲技術+1)
その他:護符は両方



所持品


調合書1?3
回復10
回復G10
ホット5
閃光玉5
光蟲5
素材玉5
シビレ罠
トラップツール2
ゲネポスの麻痺爪2
こんがり肉10



闘い方…(負け方でもあるので参考にしないでください)
雪山MAP7に居たのでそこまで猛ダッシュします。
さてどーするかなーって事で、ティガめがけて、閃光玉を投げます。
ビビりながら投げたので、距離が遠すぎたのかピヨりません。無駄玉です。
閃光玉は思いっきりよく近づいて投げましょう。

さて、問題はここからです。
ティガは通常の飛竜より幅広?なのか解りませんが、普通の突進でも気持ち離れていないと当たるようです。
参ったなぁ…。これじゃ近づけないよ…。
しかも、一回かわしきれても、やっこさんドリフトしてきます…。

とりあえず、閃光玉を命中させます。

ここからが教訓。
1・正面に立たないほうがいい。
2・狙うなら後ろ足で縦3(緑ゲージなら全段入ります)
3・ピヨってても、回転とバックステップをしてきます。

僕の中でハンマーは頭を打ってナンボのイメージがあったのですが、見事に覆されました。
不用意に頭に攻撃打ち込んで相打ちになるぐらいなら後ろ足打ったほうが安全だし確実です。
前作MHPのボレアスに近い戦い方だと思います。
ティガを簡単に倒せる人は、ボレアスを結構やっていたんでしょうね。

次に、シビレ罠を、シビレ罠は単純に奴の動きが止まりますので頭に溜3なり縦3をかましてやりましょう。

ここで、注意点が1つ。

ティガは怒ると爪の部分が赤くなります。
いままでの飛竜とは違い、怒り状態がちょっとわかりづらいです。
怒り状態では罠の有効時間が短くなるのが、定番ですがティガも漏れなく短くなります。
効果を持続させたいときはあらゆる手段を使ってティガの怒りを静めてください。


んで、まぁ僕の場合ですが、怒り状態で閃光玉投げるは、罠張るはで無駄な効率を繰り返し無様に三死。

とにかく咆哮がうざいので、ガルルガ装備を整えるべくしばらくはティガ討伐は停滞します…。

釣り目当てでこのブログを見てくださってる皆さん。
ごめんなさい m(_ _)m

えぇ!!居ないって!?

 

天気の良い日は

今年に入ってもう2ヶ月弱経過しました。
ですが、考えてみると本業のバス釣りをまったくやってない事に気がつきました。

最近は毎日のようにヒヨコサロンを聞いてます。
そのサロン内で提唱している「エビちゃん」。
つまりエビを使ったバス釣りをどうしてもやりたくなりました。

と言うことで本日の予定が決定!
Let's 釣具屋巡り。
夏タイヤに交換した僕の愛車をかっ飛ばします。

1件目:「無いですねぇ…。すいません。」
この店には、エサ用のクーラーボックスとブクブクが置いてあったので購入しました。

エサ用クーラー 1,280円
ブクブク(エアストーン付) 840円


良心的な店です。

2件目:「無いっすねぇ…。バス釣りならなんでもいいんじゃないんですか?」
エビがいいんです。エビが。
ここでは、メバル用のジグヘッドを物色する…が、まだ在庫があるので我慢しました。

3件目:大きく羽を伸ばして30km先の釣具屋さんに。
その店は「本日の生エサ!」って看板が書いてあるので、チェックしてみたのですが、エビの文字はなし…。
店員に聞こうかと思ったんですが、そのお店の店員さんには物事を聞くのがなんとなく苦手です。悪い思い出はないのですが…。

4件目:「つ、疲れてますね…。」
当日はクソ暑ったのと、エビの無さに絶望しつつ入店したので、疲れてるように見えたのでしょうか…。
正解、この時点でカナーリ疲れていました。
まぁいつも行く店なので、疲れ顔で入れるのもグッドです。

どーしようもないので、申し訳なさげにどーよさんに電話。

どーよ:「どーしましたー?」
○:「えび…エビが…売ってないんです。」
どーよ:「それじゃー一緒に行きましょうかー?」

ありがたい話です。
てことで、3人で行ってきましたギル釣り。

ギル釣り?って思う人も居るかも知れません。

ギルって狙って釣ると結構楽しいです。
で、テキトーに回ってみました。
メバルタックルで挑んでみたのですが、ギルすらスレてやがります。
小生意気なw

てことでBOZEです。

でもいいのです。
釣りさえ出来れば。

ブログランキングに参加してます。
よろしければクリックお願いします!

c_02.gif

 

工程2:旋盤

花粉症の季節がきたそうです。
各地でグズグズ。

僕は花粉症ではないので、気になりません。

さてさて、先週金曜日は、LCM(Lure Craft Meeting)の日
今回のテーマはズバリ旋盤です。

さて、前回の投稿にてカットした「ラミン材」をさらに前回に作成した
型を利用して削り出す作業をやったわけですが…。

○:「これ…硬くないですか?」
どーよ:「どれどれ…。硬いっすね…。これ。」

簡単に削れる品物では無いようです。作業に凄い時間がかかりようやく出来ます。

ラミン材…。見事に失敗。しかも重い…。
同じ形状の桂材と比較しても重いルアーができちゃいそうです。
まぁ、それはそれでアリなのですが…。

幸いに、家で眠っていた桂の丸棒もあったので型は置いておいてフリーハンドでルアーを作って
行きます。ちょっと直径が足りなかったので…。

…4時間後。

070303_0157~0001.jpg


左から3本はどーよさんが、後の5本は僕がやりました。
ラミン材の削りを体験してからコツがなんとなく解ってきました。

今回のミーティングから得た成果をば。
?ラミン材は重くて硬い。水がらみを重視するならありかもしれないが、加工しづらい。
?桂最高
?刃は平行に当てると作業しやすい。

こんな感じです。

この中から今回はどーよさんが削った2本、僕が削った1本をさらに多角形ルアーに仕上げる予定です。
がんばります!

ブログランキングに参加してます。
よろしければクリックお願いします!

c_02.gif



 

工程1:切断

曙にそろそろ萌える土筆かな

今考えました。
季語は「曙」
ようやく暖かくなってきた明け方にじわじわと生えようとしている土筆を詠ってみました。

どーでもいいですね^^

昨日は前日に買ってきた丸棒のカットを行いました。
直径は40パイだと思うんですけど…。
旋盤にかけるためにそれなりの前準備はしましょうって事です。

では、用意するものです。

丸棒 600円 + 800円(2本用意 ラミン材)
のこぎり(家にある奴を使いました。)



これだけです。
では、工程を。
1・写真を撮る。
  ブログをやってない方は写真を撮らなくてもいいです。時間の無駄です。
070301_1955~0001.jpg

2・目分量 大体20?30cmの範囲で木材をカットする。

3・写真を撮る。
  ブログをやってない方は写真を撮らなくてもいいです。時間の無駄です。
070301_2029~0001.jpg


これだけです。
簡単でしょう?

さて問題はここから。
前回まで、木材はカツラを使ってきました。
こんな感じ

カツラの比重は0.40?0.50。
年輪がやや明瞭。



ということで、個体差が少なく、ルアーを作るのにお勧めな木材です。

対する、今回のラミン。

ラミンの比重は0.52?0.72。
やや重硬で均質な材。乾燥・加工は容易で表面の仕上がりも良好。


との事です。

何気に家にあるハカリで重さを量ってみたところ、216g…。
25cmとはいえこの重さ…。
トップルアーで一番使いやすい重さは21g?28gって所です。
俗にいう3/4oz?1ozですね。

ラミンはトップルアーには向かない重さかも知れません。
が、やってみなけりゃ解りません。
幸いに工具はすべてそろっています。
どの資材が自分にあっているかを調べることが出来ます。

いくら本に「この木が良い」と書いてあっても試したくなるのが人間です。
これからこのラミン材でルアーを作るにあたって「こりゃダメだ。」っていうのがあれば随時お知らせしていきます。

ルアー作りは挑戦です。

それではまた。

ブログランキングに参加してます。
よろしければクリックお願いします!

c_02.gif

 

切り抜く!

前回は型を作りましたが、今回はそれをプラ板から切り抜きます。

用意するもの。

1:プラ板(ルアー本では、厚さ0.5mmでしたが僕は1.2mmを利用)
2:カーボンシート(結構高いので各自出来る人は適当に)
3:雲形定規(曲線がある場合には必要)
4:カッター(デザインカッターじゃなくてカッターのほうが上手くいきます)
5:シャーペン
6:#180?#240のサンドペーパー



プラ板の厚さが0.5mmの場合には、カッターでは無く樹脂切断用のはさみが良いと本に書いてありました。
なぜ1.2mm厚のプラ板を使ったのかといえば、買い間違えたからです。
Reels + Wheelsでおなじみのどーよさんに聞いた所、100円ショップの奴で問題ないそうです。
僕は、大手メーカのタミヤ製です…。高かった…。

気を取り直して、工程を説明します。

工程

1:型紙の下にカーボンシートを敷き、その下にプラ板を敷きます。
  ルアー全体を削りだすのではなく、半分だけをトレースします。
2:型紙のルアーの型をシャーペンでなぞる。
  シャーペンの芯は出さなくてもいいです。何回でも出来ます。
3:すると、プラ板になぞった後が出てくるので、カッターで削ります。
  落ち着いてゆっくりと削ってください。ゆっくり楽しむように…。
4:こうなると完璧です。
070228_1944~0001.jpg

5:削りたてのプラ板をサンドペーパーでかるーく磨きます。
  バリを取る意味で行うので、磨きすぎには注意してください。形が変わります。

これで完成です。
簡単でしょう?
これで旋盤をしつつ、削り途中にこの形でいいのか検証できます。

たかだか1個のルアーを作るためなら型なんて不要だと思います。
とはいえ、完全フリーで作るのは失敗を呼ぶ元です。
初めてルアーを作る人(僕を含めて)はコレぐらいの下準備をしたほうが良いのではないでしょうか。
同じルアーの色違いとかあれば楽しいと思うんです。

それでは次回は、これを使って旋盤していきます。



ブログランキングに参加してます。
よろしければクリックお願いします!

c_02.gif

 

« »

03 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

Author:まるつー
FC2ブログへようこそ!

かうんたぁー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。