ダメな大人のブログ

あ?だれがダメな大人じゃこら。あ?

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

関東にて釣りをしてみた! Vol7 激動のカツオ

釣れない筋(翌日痛みが発生しても嬉しくない筋肉)が痛いので、あんまり書きたくなかったのですが、関東に来て何回釣りやったのかを後で把握するためには書かざるを得ないと・・・。

もはや「巨人の星」状態なまるです。

今週もいっぱい働きました。
最近、仕事中にも仕事しかしていない(当たり前ですが、自社にいるときはそうでもなかったんですw)ので釣りしたい欲が全身からにじみ出ている毎日を送っていました。

そんなある時、最近とってもFunkyな絵を世に送り出し、文化勲章の受賞を控えていたFunkyおやぢさんからメールが。。。

Funky「カツオ行きません?」

まる「行きます」

釣りに誘うと100%乗ってくる奴として名高い僕。
太平洋側でしか出来ない釣りとあっちゃ行くしかないでしょう!!

と言うことで、今回のターゲットは「カツオ」です。

金曜日は定時ダッシュと言うわけに行かなかったのですが、「キャスティング日本橋」が目と鼻の先という素敵環境にてお仕事をしていたので、終わった途端にダッシュします。

ジグだけ買う予定だったのですが、気がつけばライフジャケットも購入し、「オフショアマン」にふさわしい状態となりました。

あとは釣るだけ。。。

で、前日から「寝ろ!寝ろ!寝てください!」とFunkyさんから言われていたので、準備だけしてウトウトしかかった頃。



電話が鳴ります。。。


Funky「出・撃・!!」
まる「はい!!」

今回も寝る事は出来ませんでした(笑)

Funkyさんも寝ていないので、車中では何とか場の空気を盛り上げようとベラベラ喋っていました。

まる「カツオをトップで釣りたいです!」
Funky「ジグ持ってきましたよね?」
まる「カツオをトップで釣りたいです!」
Funky「ジグ持ってきましたよね?」
まる「カツオを(略」
Funky「ちょっと寄り道してもいーですか?」


華麗にスルーされたトップ欲。
カツオはそんなに甘くないようです。

途中とってもえぐりがいの有る釣具屋さんに寄って二人してハァハァしていました。
まる「こんなP-BOY見たことないですねぇ(ハァハァ」
Funky「はぁはぁ、このハオリ買いましょう(ハァハァ」

そんな素敵な釣具屋さんでしたが「P-BOYロング あの色」が売っていなかったのをお伝えいたします>どーよさん
タックルハウスがアルファベットではなく横文字で書いてあるパッケージが売っていたのに・・・。

現地に着いたのが3時前だったので、ミヨシゲットに期待を寄せました。

すでに竿が刺さって居ました。。。

んでもって、出船時間までちょっと時間があったので深い眠りに。


40分後。。。

目覚ましが鳴る前なのにFunkyさんがムクっと起きました。
「いきましょー!」

Funkyさん。かなりタフです。

出船準備もいそいそと終わらせて、いざ出船です!



やたら、船が上下に動くんですけど・・・。
Funky「この場所が一番揺れるんです。」

日本海では考えられないうねりにより、ちょっとグロッキーに・・・。
このままでは酔っぱらいます。

2時間後・・・。

まる「うぃ?? ひっく。てやんでぇバーロー」

見事に酔っぱらいました。
そんなこんないよいよカツオゲームのスタートです。
今回は潮の流れがかなり速い場所速い場所なので、船の後ろの方に避難していました。
ようやく場所に到着したようなので自分の釣り座にスタンバイします。

が・・・。
どうも海が騒がしくない・・・。

うねりと波の高さは凄かったんですが、なんというか生命感がそこにはありません。
前回のヒラマサ船の時は、トビウオが見えたり鳥が海に突っ込んでいたりでしたが・・・。
や?な感じです。

船は鳥山、魚群を求めてなおも進みます。
すでに陸地は見えません。
するってーと、船長から連絡が


「40mラインになんかいるのでジグでねらいましょう。」


ジギングですか・・・。



キャスティングに狙いを定めていただけに拍子抜けしました。
が、Funkyさんちゃんとジギングセットも持ってきていました。

Funkyさん。かなり抜け目ないです。

ジグを落とすと船長から連絡が
「あーサバだねぇ。」

なぬ!サバですと!?
と、後ろを見ると、Funkyさんがサバを釣り上げているじゃありませんか!
おおおお、サバだ!

初めてみる釣り上げ直後のサバにちょっと興奮気味で僕もジグを落とすと。



あれ?ジグが落ちない???


なんじゃこりゃ?と思ってジグを巻き上げると。


サバだ!サバです。サバですよ奥さん!!
船中、サバ祭りが開催されたようで、あちこちでピチピチ音が聞こえます。
サバばっかり釣るわけにもいきませんので場所移動です。


が、反応ナシ。

「トローリングして狙いましょう?。」

という事で、トローリングしてカツオを狙います。
途中でトローリングしていた人にカツオがポツポツと釣れていたようですが、その頃僕はと言えば・・・。

「課長がなんだぁ? ヒック」
「べらんめぇ・・・。」

うねりで完璧に酔っぱらっていました。
もはや釣りどころではありません。
出船前に飲んだ酔い止めでかろうじて生きていますが、いつ死んでもおかしくない状態でした。

きっと起きているからダメなんだと思い、仰向きで寝ます。











トドメでした(はぁと






と言うわけで、関東釣りシリーズ7回目にしてようやく釣果を書きます。
そんなコーナーあったの!?ってお思いの皆様、あるんだよ!w






本日の釣果:サバ


以上!!
スポンサーサイト

 

関東にて釣りをしてみた! Vol6 ナイター

妙な悪夢を見て早起きしたまるです。

いい大人なのに宇宙人が攻めてくる夢とかありえないと思います・・・。
侵略のターゲットはカニが大好きな子供だった!所で目が覚めました。
いったいなんだったんでしょう。全くw

ちょっと風が強い日の夕暮れ。
僕は大事なアノ人にお電話をしました。
「ども!お疲れ様です!うす!今晩どーっすか!」

「風がおさまりつつあるからいきましょうか!」

と言うことで行ってきました。ナイターベイシーバスin東京湾。
ナイターといえば、もう爆釣で船に乗っている人が全員アレになっちゃうぐらいの釣果を夢見ていました。

んで、出船。

福井の海はメバルゲームにて解っていましたが、関東の海はさらにおそろしいものがあります。
潮の動きが見てとれます。
風がないのに荒れてるな・・・って思ったらどうやら干潮に向かっていたようです。
おそろしいぜ太平洋。

1箇所目は橋脚。
たしか1投目。
マスターが言い放ちました。
「いるよー!いるいる釣っちゃうよー!」

レンジバイブを投げていたマスターがお魚さんのアタリを確認したようです。
「てめぇら!しょぼいホログラムのついたルアーつかってんじゃねーよ。時代はアワビだよアワビ」

なんとびっくり!レンジバイブにアワビシートが・・・。
んなもん、売ってるの見たことないっす!爆るシートっすか!それ!!

海でも色とか輝きって関係あるのかーと思いながら、こちらもアワビシートで応戦。


ウソです。普通の金色でせめておりました。

もはや絶対的な信頼を寄せている僕のレンジバイブ「グリーンヘッドゴールドメタリックハイパーカスタム」を橋脚ギリギリに攻め入れます。

ハイパーカスタムはウソです。

ガツーン・・・。

いつも通り、橋脚にぶつかりまったく泳がない状態でもどってきました。
ルアーを見ると・・・。
腹のフックアイがベコベコに曲がっていました(TT
もはやまっすぐ泳ぐ事は出来ない状態です。

「オペして直してやっからな・・・。」

僕のお気に入りは一旦ルアーボックスに戻します。

次の場所は用水路。
なにやら穴打ちができる雰囲気の場所でした。

同船者の方々は次々をアタリを取り釣り上げていく状況で僕だけやっぱりノーヒット。
用水路を果敢に穴打ち出来た人だけがおいしい思いをできるようです。

キャストにはそれなりの自信を持っていましたが、流れの強い用水路でしかも夜・・・。
ぶち込む事におっくうになっていた僕には当然釣れるハズもなく・・・。














「月が綺麗だなー。満月か。ハハッ」

バチ抜け(極めて軽度ですが)も体験できはしたもの、結果的にはワンバイトノーヒットノーラン。
いやはや情けない成績です。

「ラインを張ってちゃあのアタリは獲れないよ。」
とはマスターの弁。

釣りって奥深いモノです。

 

関東で釣具屋に行ってみた

Funkyおやぢさんが煽ってきましたので、1回限りでこのタイトル。
Funkyさん。ネタ振りありがとうございます(笑)


さてさて

僕は出張になりますと金銭的に余裕が生まれます。
何故かと言えば、モニョモニョだからです。

そのモニョモニョを生かして今回も関東の釣具屋さんを行脚しまくります。
そこで感じた事をお話します。

まず感じたのは、関東はシーバスが主流と言うこともあり、バスルアーとシーバスルアーの比率が1:2ぐらいです。
シーバスルアーのほうが多いです。

しかも、大手と言うことで、同じ色のルアーが数知れず・・・。
ユーザーの数が多いからでしょうか。
釣具屋さんの仕入れも気合いが入っているように思えました。

が!

ちょっとチャレンジ精神が足りないように感じました。
先のブログにて僕が口を酸っぱくして言っている「レンジバイブ最強説」の根源を見ました。
レンジバイブが100個以上うってりゃーそりゃー最強になるでしょうよ・・・。

色も偏ってます。
同じ色が30個とかザラです。

ちょっと個性がないかなぁと思いました。

そんな中、僕が目を輝かせた釣具屋さんが2店舗あります。
1つは、ZEALショップとして名高い「ピー」(名前は伏せますw)

無塗装のハンマーや長いミノー(名前不明)などが売ってました。
これはポイント高いです。しかも600円・・・。
こういう掘り出しモノが売っているお店は大好きです。
えぐればえぐるほど、なんか出てきそうですのでw

2店目は、葛飾にあるお店です。
ココにはアロウズのレアフォースがアホほど売っていました。
それも凄いと思ったのですが、お店の奥にロッドビルドしている痕跡が見受けられました。
こういうお店は良いモノしか入荷しないでしょうし、ユーザーが
「こういうトンがった竿が欲しいんだけど。」
と言えば、つくってくれそうな雰囲気があります。

最近、シーバスロッドでもソリッドティップを搭載したモデルが出てきました。
関東では、こういう竿の需要は必要だと思いますが更に発展させたボートシーバス用のソリッドティップ搭載モデルって無いんですよね。

僕がこう感じている以上、こういうお店を利用しない手はないと思います。


つまり何がいいたいかってーと、すでに関東の釣具屋さんの術中にはまり、どえらい事になってしまっていると言うことで・・・。


あぁ・・・仕事してお金稼がないとwwww

 

関東にて釣りをしてみた! Vol5 リベンジシーバス

すっかり坊主が板についてきたわけですが、ジギング戦(誤字じゃないです)から2日連チャンで釣りです。

もはや怖いモノはありません。

その日は、マスターと、船長さん、hoopさんブログ常連の北さん、Funkyさん、僕の5人で出船しました。

出船は、午前3時30分。
以前より30分早いです。

こっちに来てからというもの、無遅刻、無欠席という素晴らしい記録を樹立しています。
福井では考えられませんw

1箇所目に行くまで1時間ぐらい爆走していました。
海はベタ凪で穏やかでした。
しかも前回の場所よりも水が透明でよい感じです。

マスター「つるよー。つっちゃうよー。」

との言葉に何故かみなさん引きつってます。

船長「あのアフロを調子に乗せてはいけない!」
Funky「雲行きが怪しくなるんだよねぇ。」
北「アフロを黙らせないと飲み込まれます!」

マスター・・・。結構いぢめられてます。

ワケのわからん団結力が働き皆さん黙々と釣りを始めました。

んでもって、マスターの一投目。

マスター「きたー!!きたよきたー!つれちゃったー。」

福井の皆さんにわかりやすくいうと舌”君とどーよさんを足して2で割ったような釣り味の持ち主です。
あんまりわかりやすくないですね(笑)

先に釣っちゃう!けど後譲る!でもってみんなにプレッシャーかける!みたいなw
つまりあれです。ドSな舌”君。

船中の「要る場所特定レーダー」として実に優秀な成績を収めているのは間違いない事実。
心強いったらありゃしない。

と言うことで、我々もその場所で粘ります。
マスターのヒットルアーは定番レンジバイブ。

マスター曰く「でかいほうがいいよ!」

丁度でかいのはウィークリーマンションにおいてきた僕はちっこい方しか持ってません。
バカです。
しょうがないのでちっこいほうでやりました。
みなさんがシルバー系のカラーだったので、差をつける意味でゴールド系を使いキャストし続けます。














ゴン


ん?








きたわ!

きたきた!

きたのですよ!!!!!

ごおおおおお!!!!
ひくひくひくー!!!

船長「ちょっと!ドラグ緩すぎ!」
あわわわわホントだ!ちょっとドラグを締めます。

関東に来て早1ヶ月弱。ようやくシーバスを釣り上げる事ができました。
写真はありませんw

その後、北さんもヒット!
確か、湾ベイトだったよーな気がします。


その後は、その場所がすっかりスレてしまい移動を繰り返したものの、
やはり釣り下手の僕は釣れませんでした。



僕は!


僕だけは!


Funkyさんはその後、とてつもないモノを釣り上げました。
それは追々、Funkyさんブログの中で語られる事でしょう。

ありゃー。化け物じゃったー(日本昔話風)



実は、今回のシーバス釣行以降、ちょっとした目標を立てました。
「日に3本以上、ナイトは6本つったら、オーシャングリップ買う!」

この日は1本だけだったのでダメでした。
が、コレを達成すべくさらに貪欲に狙っていきたいと思います。



プッ!一生無理じゃん!
って思った人。


今に見てろよ!w

 

関東にて釣りをしてみた! Vol4 早朝おかっぱり!

ベコベコ凹まされたジギングから1夜明け。

ジギング終わってから10時間以上寝続けました。
朝5時頃、目が覚めたらFunkyおやぢさんからメールが来ていました。

省略すると
2:00「目が覚めたので陸っぱりいきましょう。」
5:20「寝ちゃいました。6時集合で。」

すいません。
僕は軽く2時のメールを見ずに爆睡こいてました・・・。
ということであわてて準備をしました。

前日のジギングの傷跡を残した我々。
まる「手首がしびれてるんですよねぇ。」
Funkyおやぢ「私もです。」

なのに釣りに行っちゃう我々。
好きですね。ホント。

早朝ということで、軽めにシーバス狙いをやりました。
平坦な磯場にて、釣り開始です。


投げる前に水面を横切る何かが・・・。



またエイです。
しかもでかい。
周りにはメバルを狙う人がいっぱいいました。
しかもエビで。
しかもエビを入れる桶が木製の人もいました。

江戸前だねぇ!意気だねぇ!



そんな気持ちの良い朝。










はい。釣れませんでしたー。

もはや坊主に慣れっこですw

 

関東にて釣りをしてみた! Vol3 ヒラマサ

前回のボートシーバスから2週間後。

天候不良のため、なかなか釣りに行けず悶々とした日々を過ごして居た所、Funkyおやぢさんからメールが入ります。

Funkyおやぢ「ヒラマサ行きませんか。」

かなり悩みました。シーバス釣りはバス釣りの延長なので割とスッと入れましたが、今度はジギングです。

僕にとっては完璧な初めてづくしの釣りです。

まる「お願いします。」

流石バカタレ。
こっちで出来る釣りは全部しようとする魂胆が丸見えです。

と言うことで、今回は外房にて初ジギングに挑戦です。
では、前日の風景を・・・。

午前0時。

まる「ねむれねぇ・・・。」
待ち合わせ時間が1時30分だったこともあり、早めに寝ようと躍起になっては居ましたが、結果不眠。
船酔いしそうな感じ丸出しの状態です。

こりゃー眠れないなってことで、最終道具チェックして夜を明かしていました。
この日までに買ったジグは4本。全部同じジグで色違い。
青、ピンク、緑、シルバーの4色。

なんとなくコレでいけそうな予感がしていたのでこれ以上は買い足しませんでした。

時間が来て、Funkyさんが迎えに来てくれました。
外房に向けて出発します。

道中、Funkyさんに悩み事相談を。

まる「僕、ジャークできないんですよ。」
Funkyおやぢ「練習です。」
まる「ほら、ハンドルを一番上に上げた時に竿を煽るようにしなきゃいけないじゃないですか。」
Funkyおやぢ「そうです。それを心がけてください。」
まる「あと、僕ってボート釣りに慣れてないんですが、「素人死ね!」って言われませんかね?」
Funkyおやぢ「それは大丈夫です。」

そんな事を良いながら向かっていたらあっさり現地に到着しました。

Funkyおやぢ「この船です。」










でかっ!



福井のイメージだと、6人ぐらいで仕立て完了ぐらいのサイズだと聞いていましたが、この船はどう考えても15人?20人はいけそうです。

早速良い場所を取ろうと、荷物を置きにいきます。

が、



すでに竿が刺さってました・・・。

出船の1時間前についたのにこの竿の数。
皆さんの玄人っぽい道具に圧倒されました。

まる「あ、マサスペだ・・・。結構多いな、ダイワユーザー。あ、あっちにはMCの・・・しかも4本!?」

やばいです。すでに雰囲気に飲み込まれてしまいました。

船の横に陣取り、出船まで待ちます。

いよいよ出船時間が近づき、先ほどの竿達の持ち主が現れます。
皆さん玄人っぽい出で立ちです。

僕だけライフジャケットを持っていなかったので、船長さんにライフジャケットを借ります。
そこで一言言われました。

船長「このライフジャケット。しぶきだけで膨張すっから気をつけて。」



脅さないでください・・・。



午前5時。
いよいよ出船です。

ポイントに現地につくまでの一時間、ちょい荒れの海をじーっと見ていました。
今の所、船酔いはしそうにありません。

途中トビウオがぴょんぴょん跳ねてました。
トビウオすら初めてだったので興奮していました。


午前6時。
いよいよジギングの開始です。
ジグを落として、海底に着いたらしゃくりあげます。
とってもがんばりました。


船長「いどーしまーす。」



だいたい、ジグがそこについてからしゃくり上げるまでを2?3回繰り返したぐらいで次の場所に移動するようです。
水深はどんなに深くても50mぐらいでした。

途中、他の人を見ていましたが、釣れてる人はいません。
どうも厳しいようです。


・・・


・・





途中1回、イナダの群にあたり、船中でイナダのはねる音が聞こえてきます。
Funkyおやぢさんもキッチリキャッチしていました。

その頃、僕は何をしてたかってーと・・・。














ライントラブル。


へたくそ!オレのへたくそ!って感じですw

その後は、やっぱり厳しかったようで、お魚をキャッチすることはできませんでした。



結果。














またしても坊主・・・。
もはや文字を大きくするのもはづかしい状況に陥ってきました。
どーしよう・・・。


 

関東にて釣りをしてみた! Vol2 デイボート

前回のナイトシーバスからわずか二日後の午前2時・・・。

「ワクワク・・・。ドキドキ・・・。」

このバカタレはほとんど寝ていないのにテンションMAX状態でした。
それもそのはず、今日はボートにてシーバスゲームです。

バス釣りで、10ftのアルミジョンに乗って釣りはしょっちゅうしていましたが、海に出るのは未経験です。
不安と緊張とそしてシーバスボコボコを夢見ていたら睡眠時間わずか3時間でも十分に寝た!という状態になっていました。

どーよさん。僕やれば出来る子だったよ!!

朝3時30分。おそらく僕と同じぐらいワクワク状態のFunkyおやぢさんが迎えに来てくれました。

Funkyおやぢ「ではいきましょ!」
まる「へい!」

すでにツーカーの間柄です(笑)

現地で待っていると、マスターと船長さんがいます・・・。
いやまだ居ませんでした。
若干遅刻するとの事です。

10分後、マスターと船長さんが到着。

この日のために半ば無理矢理買ったボートシーバス用ロッド(2万円)とルアー沢山(破産しかけました・・・。)を車からおろし準備をしていました。

まる「おはよーございます!今日はよろしくお願いします!」

テンションMAX状態の僕は会社でも出さないぐらいの大声で挨拶します。

船長さんはとても優しい方です。
いそいそと出船準備を済ませて「では、しゅっぱつー!」となりました。

ポイントに向かう途中、ナイトでやった川と通ります。
丁度漁師さんが、網をあげている風景を見ました。

まる「なにが獲れたんでしょうねー。」

何も知らない僕が訪ねますと。

マスター「エイだ・・・。」
船長「エイですね・・・。」
Funkyおやぢ「エイですよ。あれ」




ウェーディングしなくて良かったです(笑)

1箇所目は水門でした。
3人さんが水門のキワギリギリにルアーを落として巻いているので、僕は反対側の水門を狙います。


・・・いねぇ・・・。


2箇所目は橋脚でした。
これまた橋脚のキワギリギリを(略)


・・・いねぇ・・・。



朝ですよ?朝は1投目で「がばー!」って釣れて「うん今日は良い日だ!」ってなるぐらいが普通なのに全く反応がありません。


その後、2時間?3時間。船中の誰もがノーヒット。
非常によろしくない状態が続きます。

だんだんダレて来るなか、マスターだけが獣を追うハンターの用に手を変え品を変え狙い続けてます。

砂浜のような所にてルアーを投げていたマスターの竿がいきなりひん曲がります。

マスター「いる!いるよいるよ!」

なんと本日の正解の一つはシャローでした。
船中のテンションも上がります。

Funkyおやぢ「ほんとだ!いたいた!」

続いてFunkyさんの竿も曲がります。が、その時のFunkyさんの竿は鬼のような強竿。シイラ用ロッドだったために勝負はあっけなくつきました。

さぁ・・・。これで残るは船長さんと僕の二人・・・。

その後、場所移動を繰り返して居ましたが、反応がありません。
そんなとき、マスターが妙なスポットを発見します。

マスター「あのアワアワいってみない?」


こんな場所

awaawa.jpg


外壁からパイプが3本ぐらい水面に向かって伸びている場所で、水が出ているのか泡が大量に出ていました。

バス釣りでいう流れ込みとかインレットとか土管から水出ている状態とか。
とにかく水の流れが有るところはバス釣りにおいては攻めなくてはならない重要ポイントです。

発見したマスターがルアーを投げます。


マスター「いる!ここにいるよ!!」


あっさりと追加します。
すっげぇ汚い水の色でしたが、魚影は何故かめちゃくちゃ濃い場所でした。ボラが常にボイルしていましたし、小魚も見えます。

ハニースポット発見!
と全員ルアーを投げます。

船長「あたった!」
Funkyおやぢ「おお!ホントだ!」


・・・あれ?(´∀`)

なぜか僕だけ反応がありません。

マスター「すれちゃったのかなぁー。」
船長「壁ギリギリまでボートを移動するから、壁と土管の間を投げてみよう。」

ってことで、すんげぇピンポイントにキャストをしてみます。
壁と土管の間にルアーを落とした船長。

船長「くった!!」

お見事です。

壁と土管との間にルアーを通して、壁際ギリギリにながすと当たるようです。
こういうのは得意なので、僕もマネしてやってみます。


えい!


えい!!


えい!!!


えい・・・。


えい・・。


えい・。


・・・。



あれ?(´∀`)

どうも、1?2匹釣るとその場所はスレるようです。



ということで




坊主オレだけ!!



という結果となりました。
流石東京湾。
簡単には釣らしてくれません。

 

関東にて釣りをしてみた! Vol1 川ナイト

凄くサボってしまいました。
ゴメンなさい。

ネット環境が整っていないのが最大の言い訳と言うことで一つよろしくお願いします。

さてさて。


現在、東京でお仕事をやっています。

?上京時の風景?
オカン「あんた!釣り竿持って仕事いくんか!!」
その通りでございます。お母様。
弟「遊びにいくんじゃないんか!」
弟よ・・・。仕事だけやったら脳みそパーになっちゃうよ。遊びもしなきゃ!
と言うことで、9フィート半のシーバスロッドとスピニング、ルアー沢山担いだ状態でやってきました!東京駅。


普通の荷物と合わせてその重量おそらく20kgぐらい。

途中で竿を人にぶつける事なく、ひーひー言いながらウィークリーマンションに到着しました。

間髪入れずに前日に連絡を取っている「Play That Funky Fishing!」の管理人Funkyおやぢさんから連絡が入りました。
内容をサックリ省略しつつ紹介しますと・・・。

「上京お疲れ様でした。本日はお疲れでしょうhoopに行くのは次回にしますか。え!まだまだ体力的にはいける!? じゃあhoopに行きましょう!」

とゆーことで、hoopさんにいきました。

「関東はレンジバイブ無いと死ぬよ?」
「雷魚やらないの?雷魚。」

hoopさんではこんな話をしたと思います。
良く覚えてません・・・。
楽しく酔っぱらっていました・・・。

で、1週間後東京生活を満喫し始めた週末、Funkyおやぢさんから連絡が入ります。
「出!!撃!!」

ということで、ナイト干潟に出撃です。
干潟というか、ちょっとした川というか。
イメージは関東版九頭竜川でした。

いよいよ関東にてシーバスフィッシング開始です。
当日は風が大変強く、向かい風ではルアーを飛ばせる気がしません。
上手く追い風の場所にたどり着き、ルアーがぶっ飛ぶ位置にて開始します。

暗いながらも、たまに生き物がボイルしています。
釣れる気する川です。

ひゅーーー!どっぱーん。そーですかー。

ひゅーーー!どっぱーん。そーですかー。

ひゅーーー!どっぱーん。そーですかー。

・・・。


さすが関東!釣れません!!!

当たり前です。まだ経験の浅い僕には攻め方というものが解ってません。
テクテク移動しながら、ひたすらルアーを投げ倒します。
太平洋なので、アカエイに注意しつつ、水際ギリギリに立ちながらキャストをし続けます。

ものすごい勢いで上流に移動していったFunkyおやぢさんもゆっくりとこちらに戻ってきます。

Funkyおやぢ「つれましたかー?あっちは全然だめですねぇ。」
まる「いえー。つれま・・・」

ガン!!


???



えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!


なんかかかりました!!なんかかかりました!!
素人なので思わず全力フッキングをかましてしまいます。
明らかに魚です。浅い川だったので、リップレスミノーでそこをこすりながら巻いていったら当たりました。

が!・・・。




すっぽーん。




バラし・・・。






(ノ∀`)あーあ・・・。


干潟のような河川で釣りをした後、これぞ東京湾奥!という感じの都会の橋脚を打っていきましたが、反応ナシ・・・。


関東シーバスはお預けになりました・・・。

んでも、全然懲りてません。

 

« »

05 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

まるつー

Author:まるつー
FC2ブログへようこそ!

かうんたぁー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。